みんなのコーヒーアイテム図鑑
うちカフェ生活、コーヒーまわりの「お気に入り」を紹介。
おすすめ参考書

【衛生管理者試験】初心者オススメ参考書レビュー(1/5冊)【独学一発合格】

おすすめ参考書レビュー1冊目は「第1種衛生管理者 集中レッスン」

本屋やネットに溢れる衛生管理者試験の参考書と過去問の数々…いったいどれを買えばいいの?

衛生管理者試験の勉強をこれから始める初心者の方が見ても、どの参考書がいいのか、どの過去問題集がいいのか分からないのは当然です。

衛生管理者試験を「これから勉強する」または「現在勉強している」あなたは、参考書と過去問題集をいかに選び、合格を勝ち取るのか見極める必要があります。

参考書と過去問題集は、合わせて買うと4千円近くするので、絶対に失敗したくない買い物です。しかも、あなたに合わない参考書と過去問だった場合、合格が遠のきます。

そこで、10冊以上の参考書を購入して分析してきた私のレビューを通じて、あなたが最適な参考書を見つけ、衛生管理者試験合格まで快適に学習していただけると幸いです。

【時短省エネで一発合格】オンライン通信講座のメリットを伝えたい【月980円】暇な人以外は全員オンライン通信講座を使わないと勿体ない オンライン通信講座「オンスク.JP」を使うと、完全な独学に比べて圧倒的に少ない...
【衛生管理者試験】初心者向けオススメ参考書&過去問10冊レビュー【独学で一発合格】衛生管理者試験の参考書&過去問の選び方 衛生管理者試験の合格に近づくための参考書テキストと過去問題集の選び方についてお話ししま...

 

「第1種衛生管理者 集中レッスン」その内容は?

基礎情報

簡潔&コンパクト
キング オブ 参考書

過去問を詳細に分析し、合格に必要な頻出テーマがピックアップされています。したがって、出題頻度の低いテーマを勉強することがなく、とても効率的です。

図表とイラストが効果的に使い1テーマを見開き2ページでコンパクトに整理しています。文章で理解し、図表とイラストで視覚的にイメージできます。

1テーマ毎に過去問から作成した○×問題で理解度をチェックでき、インプットとアウトプットのバランスが取れています。

試験前には「ここがポイント」のみをチェックすることで知識の総まとめができ、教科書を改めて読むことがなく時短です。

暗記が難しい「有害業務」(第1種衛生管理者のみの範囲)のテーマには「有害マーク」が表示され第1種と第2種の試験範囲が分かりやすくなっています。

暗記ポイントと答えを隠せる赤シートも付属しています。

特徴

簡潔すぎるまとめ方が美しい
過去問との併用に強い参考書

本書「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」の大きな特徴としては、下記になります。

・簡潔に整理されており、読み解く必要がない

前項で「1テーマを見開き2ページでコンパクトに整理」と書きましたが、具体的にお話しすると、基本として以下の構成が続きます。

左ページ:文章にて内容を網羅
右ページ:左ページのポイント、図表イラスト、演習問題と回答

衛生管理者試験のテーマが高いクオリティでまとめられていますので、この「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」を買って後悔する人は少ないと思います。

1つだけ気になる点として、私は「レッスン」という雰囲気を構成から感じることはできませんでした。

「レッスン」や「授業」「講義」「塾」という雰囲気をうまく出せている参考書を求めている方は下記の参考書がオススメです。

・U-CANの第一種・第二種衛生管理者 速習レッスン
・最新7日間完成 衛生管理者試験合格塾

効果的な使い方

過去問から逆引き
学習セオリーに沿った使い方

「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」にかかわらず、衛生管理者試験において参考書を頭から読んでいく方法は基本的にオススメできません。

なぜなら、この分野を学んだことのない多くの人にとって馴染みのないテーマであり、参考書の最初から最後まで読み通すことが大きなストレスとなるからです。

そこで、「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」も多くの人が語る下記の「衛生管理者試験の学習セオリー」に従うことをオススメします。

衛生管理者試験の学習セオリー
①過去問題集を解く
②理解できない問題があれば本書を読んで理解

このような使い方であれば、「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」はあなたにとって最高のパートナーになるでしょう。

この「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」の評価が高いのもこのようなセオリーに沿った使われ方が多いからだと推測します。

受験者への普及度

(5.0/5.0点)

Amazon.co.jpで
堂々のランキング1位

Amazonでの売れ筋ランキングでは下記のように1位となっています。

1位 ─ 衛生管理者の資格・検定
40位 ─ 科学・テクノロジー
661位 ─ 本全般

東京の大型書店でもほとんど見かけるため、衛生管理者試験の受験者への普及度は高いということができます。

全体的な見やすさ

(5.0/5.0点)

トップクラスの見やすさ
シンプル好きなら言うことなし!

繰り返しになりますが「1テーマを見開き2ページでコンパクトに整理」されているので、見やすさは確保されています。

左ページ:文章にて内容を網羅
右ページ:左ページのポイント、図表イラスト、演習問題と回答

ただし左ページについては、ほぼ文章のみなので、ちょっと威圧感を感じます。過去問題を解いて分からなければ読んで理解するくらいの使い方です。

網羅率は高いのですが、全部読んで理解するには頭が疲れるので、普通の人は全部読むのは止めておきましょう。必要な部分をつまみ読みで十分です。

右ページについては余白もあり、図解もあり、見ていても疲れません。

色使いについては、赤と黒の2色だけなのですが、濃淡を使いこなしているので、とても見やすいです。

お役立ち情報の量

(3.5/5.0点)

多いとは言えないが
必須情報でもないので及第点

多いとは言えない内容です。気を付けたいのは、科目ごとの説明や出題傾向の情報がないので詳細な近年の出題傾向がつかめない点が残念です。

近年の出題傾向はより効率的な学習で合格するためには必須の情報になります。より出題されている部分を私たちは重点的に勉強したいわけです。

出題傾向については、ほとんどの過去問題集に掲載されているので、過去問題集で確認すればよいかと思います。

「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」には、衛生管理者試験の概要について簡潔にまとめてありますので困ることはないのかなという印象です。

初学者へのおすすめ度

(3.5/5.0点)

解説は少ない
初学者なら他の選択肢も

内容が簡潔にまとまっており、頻出ポイント、図解、演習問題と高クオリティな参考書です。

ただ、「簡潔でキレイにまとめている」分、初学者には説明が少ないかなという印象です。とにかく試験に合格すればいい、覚えればいいんだ、ということであれば優秀な参考書です。

もう少し説明が多い参考書がいいというのであれば、他の選択肢になるでしょう。解説というかよくまとまってるノート、辞書という感じです。

内容を読んで理解するためのものではなく、過去問題集を解いて分からない部分を「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」で確認する、このような「逆引き」的な使い方になります。

とはいえ、多くの初学者に満足できる内容となっていますので、「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」を買って損はないと思います。

解説が多く、講義感の出ている初学者向けの参考書もレビューしていますので、参照いただけると幸いです。

・U-CANの第一種・第二種衛生管理者 速習レッスン
・最新7日間完成 衛生管理者試験合格塾

総評!「第1種衛生管理者 集中レッスン」はこんな人におすすめ

(4.0/5.0点)

シンプルイズベスト!
とても美しく整理された構成

衛生管理者試験の初学者から再受験される人まで、幅広くカバーした参考書です。

整理の仕方としては、ダントツで完成度が高く、「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」があれば問題ありません。

ただし、簡潔にまとまっているがゆえに、解説は多くありません。「なぜ?」とか「講義形式」を重視される方は解説の多い参考書をオススメします。

万人ウケする一方で、良くも悪くも個性が乏しい参考書とも言うことができます。資格試験に慣れている方、学生時代に勉強が比較的得意だった方向けです。

過去問題集+「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」で十分合格を目指せますし、迷いたくないのであれば、これを買っておけば間違いないです。

何度もくどいですが、初学者の方、資格勉強に苦手意識のある方は下記の参考書をオススメします。解説が詳しく、傾向も押さえているので読むのが楽だし、効率的です。

・U-CANの第一種・第二種衛生管理者 速習レッスン
・最新7日間完成 衛生管理者試験合格塾

以上、「第1種衛生管理者試験 集中レッスン」のレビューでした。

【時短省エネで一発合格】オンライン通信講座のメリットを伝えたい【月980円】暇な人以外は全員オンライン通信講座を使わないと勿体ない オンライン通信講座「オンスク.JP」を使うと、完全な独学に比べて圧倒的に少ない...
【衛生管理者試験】初心者向けオススメ参考書&過去問10冊レビュー【独学で一発合格】衛生管理者試験の参考書&過去問の選び方 衛生管理者試験の合格に近づくための参考書テキストと過去問題集の選び方についてお話ししま...