みんなのコーヒーアイテム図鑑
うちカフェ生活、コーヒーまわりの「お気に入り」を紹介。
おすすめ参考書

【衛生管理者試験】初心者オススメ参考書レビュー(4/5冊)【独学一発合格】

おすすめ参考書レビュー4冊目は「資格取得スピード王が教える 衛生管理者 第1種・第2種 1ヵ月合格術」

本屋やネットに溢れる衛生管理者試験の参考書と過去問の数々…いったいどれを買えばいいの?

衛生管理者試験の勉強をこれから始める初心者の方が見ても、どの参考書がいいのか、どの過去問題集がいいのか分からないのは当然です。

衛生管理者試験を「これから勉強する」または「現在勉強している」あなたは、参考書と過去問題集をいかに選び、合格を勝ち取るのか見極める必要があります。

参考書と過去問題集は、合わせて買うと4千円近くするので、絶対に失敗したくない買い物です。しかも、あなたに合わない参考書と過去問題集だった場合、合格が遠のきます。

そこで、10冊以上の参考書を購入して分析してきた私のレビューを通じて、あなたが最適な参考書を見つけ、衛生管理者試験合格まで快適に学習していただけると幸いです。

【時短省エネで一発合格】オンライン通信講座のメリットを伝えたい【月980円】暇な人以外は全員オンライン通信講座を使わないと勿体ない オンライン通信講座「オンスク.JP」を使うと、完全な独学に比べて圧倒的に少ない...
【衛生管理者試験】初心者向けオススメ参考書&過去問10冊レビュー【独学で一発合格】衛生管理者試験の参考書&過去問の選び方 衛生管理者試験の合格に近づくための参考書テキストと過去問題集の選び方についてお話ししま...

 

「資格取得スピード王が教える 衛生管理者 第1種・第2種 1ヵ月合格術」その内容は?

本書の特徴

「話し言葉」と「例え話」が秀逸
スルスル読めて記憶に残る解説が新鮮

この「資格取得スピード王が教える衛生管理者第1種・第2種1ヶ月合格術」は、「話し言葉」と「例え話」が多用されており、衛生管理者試験の初心者でも読み易く、理解しやすい内容となっています。

「話し言葉」については、いわゆる「教科書的な文章」ではなく、普段私たちが話しているような平易な話し言葉になっておりスラスラと読み進めることができます。

「例え話」については、衛生管理者試験には普段私たちが聞き慣れない用語ばかり出てきますが、それらを普段使っている聞き慣れた言葉に置き換えたり、身近な話題に置き換えることによってイメージと理解を促進します。

具体的には、本書「スピード王が教える衛生管理者第1種・第2種一ヶ月合格術」より「循環器・血液系」の一説を引用してみましょう。

循環とは、「回る」ことです。では、何が回るのでしょう。血液です。血液の中には、酸素と栄養素が入っています。血液は体中を回りながら、体の各部にそれらを渡し、それと交換にいらなくなった炭酸ガスや老廃物を引き取ってきます。「デリバリー」と「廃棄物収集」をともにやっているのが、血液なのです。

このように話し言葉で書かれており、普段私たちが使わない「循環」という用語を「回る」という簡単な用語に置き換えています。

そして最後には、例え話として、血液を「デリバリーと廃棄物回収をともにやっている」としています。

このような「話し言葉」と「例え話」を多用することにより読者がスルスル読めて、「例え話」でわかりやすく記憶に定着させるという手法を用いているのが、本書の特徴です。

補足ですが、他の参考書と比べると「教科書っぽくない」ので、眠くなりません。読んでいて楽しくなるような「知的好奇心の刺激」があります。

効果的な使い方

第1種・第2種の試験範囲は
キレイに区分けされている

まず初めに、衛生管理者試験の第1種・第2種の試験範囲はわかりやすく区分けされています。

たまに第1種・第2種の試験範囲が明示されているものの、入り混じっており「第2種の試験範囲」が勉強しづらい参考書があるのですが、本書はわかりやすく2ブロックに分けてあります。

具体的には、見開き左側ページの左側面に「第1種衛生管理者の方へ」と目立つように記載しています。衛生管理者試験第2種を受験される方にもオススメの参考書です。

時間のない人向けに
重要ポイントをまとめている

「ここがポイント」では、各テーマでこれから学習する内容の重要ポイントを5行~10行程度で簡潔にまとめています。試験まで時間のない人は、この部分だけでも覚えておくと合格点に達することができます。

肝心の解説は話し言葉
例え話も多用して理解しやすい

本書「資格取得スピード王が教える衛生管理者第1種・第2種1ヶ月合格術」の最大の特徴である「話し言葉」と「身近な例での例え話」が多用されています。

衛生管理者試験で扱われる言葉は、法律/化学/生物学の専門用語が多いのですが、上記のような工夫により、大変理解しやすく、記憶に残りやすくなっています。

「衛管キーワード」で
専門用語も調べる必要がない

難しい専門用語には「衛管キーワード」として別途解説がされています。解説文の中で説明すると煩雑になってしまう場合もあり、このような工夫がされています。

覚えることが苦手な人も安心
「バッチリ記憶法」で短時間暗記

衛生管理者試験には、難しい語句や細かい数値などを覚えなくてはいけないテーマも含まれています。そんな時に役立のが「バッチリ記憶法」です。

重要かつ覚えなくてはいけないことを「ゴロ合わせ」によって短時間で暗記し、試験本番でも記憶から引き出せるようになります。

練習問題で内容を再確認
得点力アップが図れる!

学習した内容を再確認し、知識の定着を助けます。また、練習問題で扱っている問題のほとんどが本試験で出された形式そのままなので、過去問攻略への橋渡しにもなっています。

もちろん対応!
衛生管理者試験対策の学習セオリー

少し話が変わりますが、「資格取得スピード王が教える衛生管理者第1種・第2種1ヶ月合格術」も多くの人が語る下記の「衛生管理者試験の学習セオリー」に従った学習をすることができます。

・衛生管理者試験の学習セオリー
①過去問題集を解く
②理解できない問題があれば本書を読んで理解

解説がとても詳しいので、あなたが購入した過去問題集の解説が乏しかったとしても、本書に戻ることで内容を理解し補強することができます。

受験者への普及度

(5.0/5.0点)

Amazon.co.jpで堂々7位!
東京の大型書店でも入手可能

Amazon.co.jpの衛生管理者試験カテゴリにて、参考書だけでなく、過去問題集もひしめき合う中で7位という好成績となりました。

楽天およびヤフーの検索結果でも上位に食い込んでいます。したがって「資格取得スピード王が教える衛生管理者第1種・第2種1ヶ月合格術」の衛生管理試験受験者への普及度はかなり高いといえます。

本書のクオリティの高さは知っていたのですが、「資格スピード王」というなんとも胡散臭いタイトルでもこれだけ売れており、長期間実績のある参考書と言うことができます。安心して購入ください。

全体的な見やすさ

(5.0/5.0点)

ほとんどの用語に読み仮名つき
文字も比較的大きく読みやすい

本書「資格取得スピード王が教える衛生管理者第1種・第2種1ヶ月合格術」は、ダントツで見やすい、読み易い参考書となっています。

まず、ほとんどの漢字にフリガナがついている点です。衛生管理者試験の参考書をお持ちでない方は「重要なポイントにはフリガナついているでしょ、普通。」とお思いかもしれません。

しかし、Amazon.co.jpで1位を獲得し、私もオススメしている参考書の一つである「第1種衛生管理者レッスン」は、ほとんどの用語にフリガナがついていません。

難しく聞き慣れない用語が多く出てくる衛生管理者試験ですから、フリガナが付いているのは重要なポイントです。

次に、地味ですが文字が大きく、行間に余裕があります。つまり、重い腰を上げて参考書を開けたときに「字ばっかりで真っ黒…」という印象がありません。これは、資格学習のモチベーションを保つうえでも、集中力を維持するうえでも大切な点です。

衛生管理者試験の参考書の多くは、文字が多い傾向にあります。文字がギュッと詰まっている参考書が苦手な方には強くオススメします。

最後に、図表イラストと解説のテンポが良いです。

各テーマは「ここがポイント」から始まり、解説/図表イラスト/衛管キーワード/バッチリ記憶法/練習問題…とテンポよく進みます。

参考書のテンポが良いとあなたの学習もテンポよく飽きることなく、進めることができます。もしあなたが資格勉強中の集中力が低いと感じているならぜひ手に取ってもらいたい参考書です。

お役立ち情報の量

(5.0/5.0点)

どの参考書よりも詳しく
そして読みやすく網羅されている

著者からのメッセージが初めに掲載されており、その中の一文に感銘を受けました。下記のようなスタンスで本書は書かれています。

私自身が勉強した時に「これ、何のことだろう?」と疑問に思った事柄は、具体的な事例に置き換え、その疑問を解き明かすようにしました。

衛生管理者試験は、法律用語や科学の専門用語が多く覚えづらいのですが、私たちの身近な例に置き換えることによって理解しやすく解説されています。

衛生管理者とは…
日記形式で3分早わかり

この参考書以外では「衛生管理者とは…」と字だけでツラツラと説明されていることがほとんどです。私はこの参考書以外そのような書き方しか見たことがありません。

しかし、この参考書では「会社で働く若者の日記形式」で衛生管理者試験とは何かを楽しく読み、あなたが衛生管理者に晴れて合格し、その役割をどのように果たしていくのかをイメージすることができます。

受験ガイドで
衛生管理者試験の手続きをマスター

特別な特長はなく、他の参考書と同程度に網羅されています。受験資格から受験の費用や手続きに関することが必要十分に網羅されています。

過去10回分出題結果を掲載
傾向を知ると勉強時間が1/3に

本書のタイトルを思い出してみてください、「資格取得スピード王」です。この部分に著者である高島徹治氏が「資格取得スピード王」と呼ばれる理由が詰まっています。

なんと15ページに渡り衛生管理者試験をスピード合格するためのノウハウについて掲載されています。この部分は衛生管理者試験だけでなく、他の資格試験でも役立つ内容となっており大変価値を感じました。

かなりボリュームがあるのでポイントだけ押さえると下記の内容が掲載されています。

・なぜか試験に強い人の秘密
・出題個所を特定できる試験である
・同一傾向の出題が多い理由
・過去10回分の公表問題の分析と考察
・スピード王の記憶法を伝授

やっぱりこの参考書は凄い。

初学者へのおすすめ度

(5.0/5.0点)

例え話で身近な例に置き換える
フリガナや文字サイズもこだわりを感じる

結論から言うと、衛生管理者試験の初学者の方へのおすすめ度はダントツで一位です。

繰り返しになりますが、まず、全体的として、話し言葉で書かれているため、スラスラと読み進めることができます。疲れている状態で活字を読むのは辛いので、話し言葉だとストレスが少ないです。

そして、通常の説明に加えて、重要なポイントやわかりにくいポイントには「例え話」が添えられており、身近な例に置き換えて理解し覚えることができます。難しい事項を暗記しても、記憶を維持するのは難しいため、身近な例で置き換えると記憶に定着しやすいです。

さらに、暗記する必要があるポイントは「バッチリ記憶法」にて明示されており、何を暗記するべきか迷いません。加えて、語呂合わせや記憶の引き出し方が掲載されています。

細かい点ですが、他の参考書に比べても、しっかりと難しい用語にフリガナが付いており「なんて読むんだ?」と立ち止まる事もありません。意外とフリガナがしっかりと付いている参考書は多くありません、気を付けたいポイントです。

本書中で使われているフォントサイズも他の参考書と比べると若干大きいですし、行間も広く取られています。この辺りも「初心者に対する見やすさ」へのこだわりを感じることができます。

総評!「最新7日間完成 衛星管理者合格塾」はこんな人におすすめ

(5.0/5.0点)

学生時代勉強が得意でない人
話し言葉と例え話で楽しく学習

初学者へのオススメ度に記載のとおり、難しい書き方をした、いわゆる「教科書」みたいな参考書は読みたくないという方に最適な参考書です。

私もそうなのですが、あまり学生時代に勉強は得意でなかった、資格試験に慣れていない方には他の参考書に比べてダントツで読みやすく、覚えやすい参考書となっています。

ちなみに、「例え話」や「話し言葉」は必要ないという方には、解説がやさしい言葉で丁寧な「ユーキャンの衛生管理者第1種・第2種速習レッスン」がオススメ参考書です。レビューしていますので、ご覧いただけると幸いです。

以上、「資格取得スピード王が教える衛生管理者 第1種・第2種 1ヶ月合格塾」のレビューでした。

【時短省エネで一発合格】オンライン通信講座のメリットを伝えたい【月980円】暇な人以外は全員オンライン通信講座を使わないと勿体ない オンライン通信講座「オンスク.JP」を使うと、完全な独学に比べて圧倒的に少ない...
【衛生管理者試験】初心者向けオススメ参考書&過去問10冊レビュー【独学で一発合格】衛生管理者試験の参考書&過去問の選び方 衛生管理者試験の合格に近づくための参考書テキストと過去問題集の選び方についてお話ししま...